日本バスケ界のスター渡邊雄太選手のプレイスタイルを調査してみた🏀

バスケ
この記事は約4分で読めます。

今日は、先日NBAのブルックリンネッツと契約をした渡邊雄太選手について、プレイスタイルを主に触れていきたいと思います。

これで、NBAは5シーズン目になりますね。屈強な選手たちが揃い、競争の激しいNBAの世界で、複数シーズン在籍することは、本当に凄いことです。

天の声
天の声

あの

中の人
中の人

なんですか

天の声
天の声

このブログ、何ヶ月ぶりの更新ですか

中の人(ぶらっく)
中の人(ぶらっく)

4ヶ月

天の声
天の声

Google様(アドセンス)に謝罪だな

中の人
中の人

申し訳ございませんでしたっっ_| ̄|○

高校時代

1994年生の渡邊雄太選手は、高校は地元香川県の尽誠学園高等学校に進学します。

高校時代の渡邊選手の身長は、

197cmということで..

ポジションの登録がPFということでした。

2012年の最後のウィンターカップを見てみますと、

主力選手に200cm超の留学生は味方にいないようでした。

長年高校バスケを観ている筆者の感覚では、

渡邊選手ほどの身長がある場合、日本の高校だと、インサイドを任される。

そんな気がします。

実際、渡邊選手も高校時代は、ジャンプボールを飛んだり、リバウンドを守ったりと、ゴール下での役割が多かったと思います。

中の人
中の人

日本の高校バスケで、197cmだと留学生とのマッチアップも任されそう(´-`)

こちらの動画を観てもらえば、

お分かりになるかと思いますが..

渡邊選手は柔らかいミドルレンジのシュートやボールハンドリングなどが、高校生ビックマンにしては、かなり良い様子が伺えます。

中の人
中の人

この頃から既にNBAに行けそうな、能力の片鱗が感じられますね

端的に言いますと、

6 ft 6 in(198cmくらい)であれば、アメリカに行くと恐らく2番か3番(SGやSF)あたりでプレーすることが求められます。

要するに、インサイドで身体を張るというよりかは、アウトサイドでのジャンパーやドライブインなどが必要になるということです。

調査をしてみると高校時代には、渡邊選手は既にその能力を持ち合わせているようでした。

大学時代

大学はアメリカにあるジョージワシントン大学に渡邊選手は進学します。

ここでは主にフォワードポジション。SFあたりを務めていたと思います。

こちら2016年に行われたバスケットボール男子日本代表対ジョージワシントン大学の一戦ですが。

プルアップからのスリーポイントやペリメーターでのミドルレンジシュート。

リムへのアタックなどなど。

完全にバスケットボールの本場、アメリカのバスケットボールに適応している様子ですね。

この頃には、渡邊雄太選手の3&Dが形成されてきているように感じます。

そして、身長も高校時代より伸びていて、

・身長 206cm (6 ft 9in)

・体重 98kg(216lb)

・ウィングスパン 208cm(6ft 10in)

の現在の体格にかなり近づいていたと思われます。

中の人
中の人

身長が197cmから更に伸びたのか..凄い..

ハーフの選手や帰化選手を除くと、日本人選手で、過去にこのくらいのサイズがあり、運動量が豊富な選手というのは、

他に見なかったタイプでしょう。

渡邊選手は残念ながら、

NBAドラフトで指名されることはありませんでしたが、

2018年にメンフィスグリズリーズと2WAY契約を結びます。

NBAでの渡邊雄太選手とは?!

まずは、こちらの動画を観ていただけると、

早いかと思いますが..

持ち前のサイズと俊敏性から繰り出される、ヘルプディフェンスからのシュートブロック。

同じく相手のシュート精度を落とす、シュートチェック。

また、長いウィングスパンを活かしたボールスティールが渡邊選手のストロングポイントでしょう。

オフェンスに関しては、高い打点から放たれるミドルレンジあるいはスリーポイントが彼の武器だと思います。

これらのシュートが更に確率が上がれば、スターターに定着する可能性が上がると感じます。

先日、移籍が決定した、ブルックリンネッツでは、ケビンデュラント選手やカイリーアービング選手、ベンシモンズ選手など..

マークマンが集中しやすい、スター選手が揃っていますので、渡邊選手はコーナースリーなどを狙う機会が増える予感がします。

これをどんどん決めて、是非スター軍団の一員にスターターとして、名を轟かせて欲しいと筆者は思っています。

案内人
案内人

あ!雄梅処はにほんブログ村に参加していますよっ!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました